地域によって学習塾の経営方法も変わっている

男女

収益改善に役立つ

レジスター

定量的なデータで分析

POSシステムを活用する目的は、本部での一括した管理をする場合が多いのですが、データ分析によって顧客の動向やニーズの分析を行う事が可能になります。売上向上のヒントになるケースが多くなっているのです。POSシステムはレジスターで販売状況を打ち込む際にそれがデータとして蓄積されます。そしてデータを蓄積することでその店の傾向をつかむことができるようになります。どの時間帯にどのような客層が多く、一人の単価がどのくらいなのかなどを把握することができるようになります。混雑状況などもデータから分析することができます。より顧客ニーズをつかんだサービス展開を行うには、顧客の動向を把握しておくことが必要になります。在庫を切らさないための商品在庫のマネジメントや、需要のある商品を前面に出すなどの工夫も可能になります。また、狙ったサービスが的確に成果を出しているかのマーケティングにも活用されます。チラシを配布して実際にチラシを見て来店した顧客がどの程度いたのかを分析することもできます。どの時点で配布したチラシが一番成果を出しているのかを分析すれば、今後の販促活動のヒントになることにもつながります。POSのデータは人件費のコントロールにも役立ちます。顧客の数が少ないのにスタッフを配置してもコストになります。そのため、適正な人員配置を導き出すためにも必要な材料になります。POSの分析結果を用いることで最適な環境を醸成することが可能になるのです。